pagetop
DAC Group
ENTRY
TOP > ABOUT DAC > 沿革 -DACの冒険-

困難を乗り越えて会社は強くなる。この歴史が証拠です。

DAC グループの歴史には、山もあれば谷もある。けれど決して行き止まりはありませんでした。市況の影響を受けやすい広告業界において、バブルの崩壊やリーマンショックなどの荒波を乗り越えることができたのは、どんなときも前を向き、挑戦する姿勢を決して崩さなかったから。50年を超える私たちの歴史は、挑戦の歴史でもある。その一端をご紹介します。

1962年創立

株式会社産案より独立。当時の社名は京浜広告社

1964年

デイリースポーツ東日本版の第一号代理店として、株式会社デイリースポーツ案内広告社に社名変更

1977年たった16名からの再起1977年たった16名からの再起

多額の借金を引き受ける形で、現社長でもある石川和則がデイリースポーツ案内広告社3代目社長に就任。120名の社員と再建を考えていた石川に待っていたのは、104名の退職でした。失意のうちに会社をたたむことも考えた石川でしたが、「僕たちは石川さんと仕事がしたくて残ったんです」「一緒に頑張りましょう」という言葉で奮起。「辞めた社員より残った社員を大切にしよう」と心に誓いました。この時の経験がDACグループの社員第一主義、大家族主義へとつながっています。

1984年グループ会社構想の幕開け1984年グループ会社構想の幕開け

石川が社長に就任してから7年後のこと。デイリースポーツ新聞社の専属広告代理店の勉強会・懇親会として発足したDAC会(デイリースポーツ・アド・クラブ)解散に伴い、DAC(ダック)の名を引き継ぐ。近い将来の分社化、グループ化を見据え、社員数30名にも満たなかった当時からDACグループを名乗っていました。

3事業体制へ

グループ会社構想を推進するにあたり、組織を3事業体制に改編。新聞部、雑誌部(後のピーアール・デイリー)、観光部(後のデイリー・インフォメーション)が開設されました。同年、富士登山研修を開始。30年を経た今も続いています。

1987年はじめての分社化1987年はじめての分社化

求人情報誌を扱う広告代理店として株式会社ピーアール・デイリーを別法人として分社化

1990年3社体制に

観光に特化した広告代理店として株式会社デイリー・インフォメーション設立

1996年

デイリー・インフォメーション仙台営業所開設

1997年

デイリー・インフォメーション名古屋営業所開設

2000年

株式会社デイリー・インフォメーション北海道設立

2004年

株式会社デイリー・インフォメーション関西設立 グループ総社員数200名を突破

2005年

DAC中期計画に3年間で課長以上の女性管理職比率を30%以上にする計画が発表される
(2009年1月時点で達成)

2007年

デイリー・インフォメーション九州支社開設

2008年リーマンショックという大チャンス2008年リーマンショックという大チャンス

2008年、リーマンショックに端を発する大不況が世界を襲いました。他社が、新卒採用枠を絞ったり研修コストを削減する中で、私たちが掲げたスローガンは「DACにとって不況は絶好のチャンス!」。社員に対し「決してリストラをしないこと」「定期昇給、昇進、研修等、すべて例年通りおこなうこと」を約束したのです。全員が一丸となって、この困難を乗り越えてやろう。一人ひとりの決意が、会社をまた一回り大きく成長させてくれました。

2009年インバウンド事業部の立上げ2009年インバウンド事業部の立上げ

「不況はチャンス!」この言葉を体現した出来事が、このデイリー・インフォメーション内でのインバウンド事業部の立上げです。普通なら失敗を恐れて二の足を踏むところ、私たちは「他がやらない今だからやってみよう」と、果敢にチャレンジ。この過去があったからこそ、現在のDACグループは、インバウンド市場において日本のトップを走ることができているのです。

2009年

デイリー・インフォメーション名古屋支社をデイリー・インフォメーション中部として法人化

2010年

DACグループの発展・繁栄を目的として2013年4月1日までに
女性次長以上の上級管理職男女比率を2:1以上にすることが発表される

2011年東京本社をTIXTOWER UENOに移転2011年東京本社をTIXTOWER UENOに移転

会社の成長、社員の増加に伴ってオフィスも手狭に。そこで2011年、上野駅から徒歩2分のTIXTOWER UENOに東京本社を移転。最初は13F,14Fフロアからスタートし、今では8F,13F,14F,15Fの4フロアをDACグループで使用しています。グループ各社が同じビル内で事業を展開しているため、会社や事業を超えての連携もとてもスムーズです。

2012年

DACグループ創立50周年を迎える。

2013年

一般社団法人DAC未来サポート文化事業団設立、
デイリー・インフォメーション九州支社を法人化、
デイリー・インフォメーション内で立ち上げた
インバウンド事業部を株式会社グローバル・デイリーとして法人化、
栃木に一般農業法人株式会社DACファーム設立

20014年広告会社がワイナリーを建設?!20014年広告会社がワイナリーを建設?!

新規事業へのチャレンジは、留まる事を知りません。2014年10月には、北海道余市郡仁木町に農業生産法人株式会社NIKI Hillsファームを設立し、7万2000坪の土地を取得。2015年にはワイナリーの貯蔵所が完成しました。目指すは、「準限界集落」と呼ばれる、北海道・仁木町の活性化。観光収入を得るだけでなく、ワイナリーによって若い人材の雇用の場を提供し、地域創生を実現したいと考えています。今後は、農業、醸造所、ワインセラーに加え、イングリッシュガーデンや宿泊施設を備えた一大施設を建設し、広告会社だからこそできる新しい農業を提案していきます。

2015年(平成27年)

1月一般農業法人株式会社NIKI Hillsヴィレッジ
4月株式会社DACホールディングス設立
10月ワイナリーの貯蔵所が完成(北海道・仁木町)
12月東京都女性活躍推進大賞を受賞